脱毛ラボホームエディションの冷却効果とは?使い方や口コミは?

ムダ毛を気にしている人の割合って、いったいどれくらいでしょう?
日本スキン・エステティック協会の調べでは、約7割の方が気にされています。
ムダ毛が気になる一方で、こんな声もあがっています。

「脱毛したいけど、ムダ毛が濃いとその分痛みもあると聞いたので、
脱毛器を使いたくても不安です。」
「以前サロンで脱毛した際に、強い痛みを経験したことがあるので、
痛みが少なくて効果のある脱毛器ってないですか?」

ムダ毛が剛毛で濃い場合や敏感肌や乾燥肌の方など、
脱毛器を使いたいけど、痛みを感じたりしないか不安になりがちです。

そんな心配をお持ちの方に朗報です。

全国で50店舗以上展開しているドクターシーラボの脱毛サロン「脱毛ラボ」が、現場の経験を生かして、
肌を冷やしながら自宅で脱毛ができる脱毛器「脱毛ラボ(Datsumo Labo)ホームエディション」を開発しました。
脱毛器の本体に冷却装置を搭載しているので、従来の脱毛器に比べ、痛みの少ない脱毛が可能になります。
今回、新しく発売された光脱毛方式の「脱毛ラボ(Datsumo Labo)ホームエディション」について、
従来の脱毛器との違いとあわせ紹介してゆきます。

脱毛で痛みを感じるのはどうしてですか?

サロンやエステの光脱毛では、ムダ毛の黒いメラニン色素に光を当てて、毛根に熱を発生させ、
その熱で毛根にダメージを与えて脱毛していきます。

光を照射しながら毛根に熱でダメージを与えるので、熱く感じたり、痛みを感じたりします。
照射する出力レベルによっても、痛みを感じる度合は変わってきます。

脱毛サロンは光脱毛方式ですが、医療脱毛のレーザー方式と比べると、
毛根に熱でダメージを与えるパワーが違うので、
光脱毛の方が、痛みの感じ方はだいぶ抑えられますが、
医療脱毛のように永久脱毛まではできないです。

脱毛で感じる痛みは和らげますか?

個人差はありますが、出力レベルを上げても熱さや痛みをほとんど感じない方もいます。
はじめて脱毛器を使用する場合は、照射の出力レベルを最小から始めて徐々に慣らしてゆきます。
脱毛器で痛みを和らげながら使用するポイントをお伝えしてゆきます。
はじめに脱毛したい箇所のムダ毛を、短くシェービングします。

次に照射を始める前に、保冷剤などで脱毛する箇所をよく冷やします。
照射する前に肌を冷やすことで、痛みを和らげたり、痛みを感じにくくすることができます。
もし照射の途中で痛みを感じた場合は、その度に保冷剤などで肌を冷やしてから照射してゆきます。

脱毛のお手入れが終わったら、熱をもって乾燥した肌を保湿クリームなどでケアします。
保湿することで、肌に感じる痛みや肌の炎症を抑えられるので、お手入れした後の
脱毛効果も上がります。

脱毛ラボ(Datsumo Labo)の冷却効果ってどうですか?

脱毛ラボ(Datsumo Labo)は、光を照射する外側の窓枠部分が冷却装置となっているので、
肌をひんやり冷しながら脱毛することができます。
照射を行うたびに保冷剤などでいちいち冷やす手間もなく、冷却しながら脱毛を続けることができます。

従来の脱毛器と比べ、痛みを感じる度合も5分の1程度に抑えられるということで、
脱毛ラボは、痛みを感じにくい「痛くない」脱毛器と言えそうです。

従来の脱毛器と比較した表は、こちらになります。

脱毛サロンが開発した新型脱毛器の特徴は?

脱毛ラボ(Datsumo Labo)は、脱毛サロンの業務用と同じ光脱毛方式を採用しています。
脱毛ラボには、脱毛サロンの現場サイドの視点から必要な機能が搭載されています。

 クーリング冷却機能を搭載しているので、照射しながら脱毛が可能です。
 自分にあったサロン級の照射レベルを、5段階から選択できます。
 1秒間隔で連続照射ができるので、全身脱毛もスピーディにこなせます。
 30万回照射することができ、本体の液晶に照射回数が表示されます。
 本体は277gと軽く、手のひらサイズで持ち疲れもなくお手入れできます。

脱毛ラボはどの部位でも使えますか?

脱毛したい部位について、
日本スキン・エステティック協会のアンケート結果から見てみたいと思います。

1位はワキで全体の49%になります。
2位は足(ひざ下含む)で21%
3位は顔(ひげ含む)で10%
4位はVラインで全体の6%
5位は腕で4%になります。

脱毛ラボは、アンケートの気になる部位はもちろん、
顔(ひげやうぶ毛含む)・両脇・両腕・VIO・両足・両足先など、
どの部位もサロンと同じように、仕上がりをサポートします。

脱毛ラボの使い方は?

脱毛ラボは、2つの操作ボタンで誰でも簡単に扱えます。

本体側面のPOWERボタンを押すと電源が入ります。
そのあとPOWERボタンを押して照射レベルを切り替えます。
照射する前に、SHOTボタンとPOWERボタンを同時に押すことで冷却が始まります。
照射口を肌に直角になるように当て、SHOTボタンを押して照射します。
電源を切るときは、POWERボタンを2秒以上長押しします。

脱毛ラボはハンディータイプなので片手で手軽に操作できます。
電源用のコードも細く長いので、コードレスに近い感覚で、
体の部位の角度にあわせて自由に楽な姿勢で脱毛できます。

また、コンパクトサイズなので旅行先や出張先にも持ち運びが便利です。

口コミや評判はどうですか?

新製品ということで、口コミはまだ少ないようですが、今後追加してゆく予定です。

30代 男性

自己処理(カミソリ)をしていましたが、新製品で冷却式の脱ラボを購入しました。
3回ほどで効果が出始めているので、値段は高めでしたが購入してよかったです。

20代 女性

敏感肌ですが、実際に肌に照射して熱さや痛みをほとんど感じないので、
敏感肌で躊躇している方にも使える脱毛器だと思います。

脱毛ラボはどこで購入できますか?

公式サイトからの購入が、プレゼントキャンペーンもあるのでお得です。

脱毛サロン「脱毛ラボ」の店頭でも購入できますが、
プレゼントキャンペーン限定の特典はつかないようです。

ヤフーや楽天のネットショップでもあわせて販売が開始されていますが、
販売価格は、公式サイトと同じ税抜で64,980円になります。

公式サイトでは1年間の無償交換の保証もついて送料無料です。

購入した後のメンテナンスやアフターケアについても、
カスタマセンターの電話相談窓口があるので、
公式サイトからのメンバー購入がどこよりも安心でおすすめです。

脱毛ラボの公式サイトはこちらから

まとめ

脱毛したいけど、痛みや熱さなどで躊躇されていたなら、
脱毛ラボ(Datsumo Labo)ホームエディションは、朗報ともいえる新型脱毛器です。

痛みにやさしい脱毛ラボで、自宅で無理なく続けられるので、
念願の脱毛を楽に手にすることができるのではないでしょうか。

照射回数も30万回できるので、兄弟・姉妹・家族みんなで共有して使えます。
家族で使えば、本体価格も一人当たりの金額でみれば割安になります。

この機会に脱毛ラボを検討されてみてはいかがでしょう。

今ならプレゼントでスティック型のシェーバーもついてくるのでチャンスです!

脱毛ラボの公式サイトはこちらから

コメントは受け付けていません。